HOME > 資料室 > 研究助成情報

研究助成情報

募集中

実施者

東大ポータル(一斉通知)

助成名
助成金情報
締切


概要

東大ポータル(学内・教職員限定)助成金情報関連通知一覧へのリンクです。

詳細
その他
実施者

応用物理学会

助成名
第8回女性研究者研究業績・人材育成賞(小舘香椎子賞)
締切

2017年10月31日(火)(必着)

概要

本賞は,小舘香椎子先生(日本女子大学名誉教授,(独)科学技術振興機構男女共同参画主監,応用物理学会フェロー)からのご寄付を基金として,女性研究者・技術者の活躍の場の拡大を祈念し,設立されました。

詳細
その他
実施者

日本女性科学者の会(SJWS)

助成名
日本女性科学者の会奨励賞
締切

2017年11月1日(水)~20日(月)必着

概要

自然科学分野で研究業績をあげ、その将来性を期待できる者であり、かつ本会の目的に賛同し、その達成のために努力していると認められる本会会員(応募時入会可)を対象として援助・支援しています。

詳細
その他
実施者

住友生命

助成名
未来を強くする子育てプロジェクト 「スミセイ女性研究者奨励賞」
締切

2017年7月7日~9月8日(金)

概要

育児のため研究の継続が困難となっている女性研究者および、育児を行いながら研究を続けている女性研究者が、研究環境や生活環境を維持・継続するための助成金を支給します。人文・社会科学分野における萌芽的な研究の発展に期待する助成です。

東大ポータル通知 2017年度(学内専用)

詳細
その他
実施者

女性科学者に明るい未来をの会

助成名
猿橋賞
締切

2017年11月30日必着

概要

毎年、自然科学の分野で顕著な業績を収めた女性科学者に賞(猿橋賞)を贈呈しています。

詳細
その他

その他

実施者

東京大学本部奨学厚生課奨学チーム

助成名
東京大学さつき会奨学金
締切

東京大学 奨学制度 インデックスページ参照

概要

東京大学基金に設置された「さつき会奨学基金」を原資として、本学に入学を志望する優れた女子生徒等であって、経済的な理由により修学困難な者を対象として奨学生の選考を行い、本学への入学後に奨学金を支給して支援することを目的とします。
入試出願前に奨学金を申請し、内定した者は本学入学後に奨学生採用手続きをとることにより、正式に採用が決定します。

詳細
その他
実施者

一般社団法人 大学女性協会

助成名
一般社団法人 大学女性協会 守田科学研究奨励賞
締切

募集要項を参照

概要

本賞は、化学教育者・故守田純子氏から遺贈された資金をもとにして、自然科学を専門とする女性科学者の研究を奨励し、科学の発展に貢献する人材を育成することを目的として、1998年に設けられたものです。


東大ポータル通知 2016年度(学内専用)

詳細
その他
対象:自然科学を専門とする若手(40歳未満)の女性科学者
過去の受賞者
実施者

日本ロレアル・日本ユネスコ国内委員会

助成名
2017年度ロレアル‐ユネスコ女性科学者 日本奨励賞 / 特別賞
締切

2017年2月28日(火)

概要

日本奨励賞は、将来を担う日本の若手女性科学者が、国内の教育・研究機関において今後も研究活動を継続できるよう、奨励することを目的としております。生命科学、物質科学の分野で、博士後期課程に在籍あるいは、博士後期課程に進学予定の若手女性科学者を対象に、各分野からそれぞれ原則1年2件(2名)、計4件(4名)を選考し、受賞者に賞状および、奨学金100万円を贈呈します。
2015年より「ロレアル - ユネスコ女性科学賞―国際新人賞」を推進しています。「ロレアル - ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」をはじめ、世界60カ国で推進している国内賞を通じて選出された候補者から、生命科学、物理、化学、工学、数学の分野で世界的に評価されるトップ15名の若手女性科学者に賞金約200万円を贈呈し、研究を継続できるよう支援しています。特別賞は自薦、他薦ともに可能となっており、科学の分野で実績のある個人または、次世代育成などにおいて積極的な活動を推進している個人または企業・団体・学校を表彰します。

詳細
その他
実施者

一般社団法人 大学女性協会

助成名
一般社団法人 大学女性協会 一般奨学金・社会福祉奨学金・安井医学奨学金
締切

東京大学 奨学制度 インデックスページ参照

概要

優秀な⼥⼦学⽣に学資を授与し, その勉学と研究活動を奨励す
ることを目的として, 会員その他の寄付によって1948年に設⽴されました。 本奨学⾦は⼀般奨学⾦・社会福祉奨学⾦・安井医学奨学⾦の3部門からなります。

詳細
その他
実施者

公益財団法人MSD生命科学財団

助成名
女性研究者支援 研究助成 -感染症領域-
締切

2017年7月31日(月)

概要

公益財団法人MSD生命科学財団は、人類の疾病の予防と治療に関する生命科学の研究の奨励および助成とともに、国際交流を担うべき人材の育成に関する事業を行い、学術の振興および人類の発展に寄与することを目的に活動しております。
多様な視点や発想を取り入れ、研究活動を活性化する上で、女性研究者の一層の活躍促進が極めて重要であると考え、新たな学術領域を拓く女性研究者の育成・支援のための研究助成を行います。

詳細
その他
実施者

独立行政法人 科学技術振興機構(JST)

助成名
ライフイベント(出産・育児・介護)から研究開発への復帰を支援
締切


概要

研究者がライフイベント(出産・育児・介護)に際し、キャリアを中断することなく研究開発を継続できること、また一時中断せざるを得ない場合は、復帰可能となった時点で研究開発に復帰し、その後のキャリア継続が図れることを目的としている。

詳細
その他
実施者

日本生理学会

助成名
入澤彩記念女性生理学者奨励賞(入澤彩賞)
締切

2016年11月11日

概要

日本生理学会は、生理学女性研究者の草分けとして長年研究に尽くされ、女性生理学者の育成に努められた故入澤彩先生から追贈された資金をもとに、優れた女性生理学者の研究を奨励することを目的として、2010年に女性生理学者奨励賞を創設しました。

詳細
その他
対象:日本生理学会の会員で、3年以上の正会員(学生会員を含む)歴を有する女性の生理学研究者
実施者

資生堂

助成名
資生堂 女性研究者 サイエンスグラント(第10回)
締切

2016年11月15日(火)

概要

自然科学分野で指導的研究者を目指す貴女を支援する研究助成です。
理工科学系・生命科学系全般の幅広い研究テーマを対象に、2007年度の設立以来、毎年10名の女性研究者へ研究助成を行ってきました。年齢・国籍不問、推薦者不要です。
新規性・独創性があり、ご自身の研究分野を切り拓く意欲のある研究計画を歓迎します。
応募要領、申請用紙はHPより入手ください。

詳細
その他
実施者

日本動物学会

助成名
動物学会女性研究者奨励OM賞
締切

2017年3月31日(金) 午後5時

概要

動物科学を研究するすべての女性研究者を対象に、安定した身分で研究を続けることが困難であるが、強い意志と高い志を持って優れた研究を推進しようとする方を支援する目的で、日本動物学会は、この賞の公募を行います。

詳細
その他
実施者

三井住友信託銀行

助成名
公益信託山路ふみ子専門看護教育研究助成基金
締切

2017年3月24(金)

概要

看護学の諸分野の研究に対する助成を行い、もってわが国の看護の質的向上を通じ、国民の健康と福祉の向上に寄与することを目的とします。
特に、看護実践の科学的根拠の確立、及び看護方法の開発・評価(システムを含み、あるいはエビデンスの確立)に資する研究を助成します。また、今年度は特に先端科学技術 と看護学諸分野の接点を目指した創造的研究を期待します。

詳細
WEB
PDF
(WEBの方にはその他の公益信託についても掲載しています)
その他
実施者

Google

助成名
アニタ ボルグ記念奨学金
締切

2017年5月1日(月)

概要

アニタ ボルグ記念奨学金のアジア太平洋地域における受賞者は、地域の授業料に応じて、各国に適した奨学金を受け取ることになります。奨学生は、オーストラリア、ニュージーランド、日本、韓国、東南アジア、インドの学部と大学院に所属する女子学生の全応募者の中から、選抜されます。奨学金は、コンピュータ サイエンス分野における強みと、強いリーダーシップの発揮を基準として授与されます。すべての受賞者は、2014 年にアジア太平洋地域の Google オフィスで毎年開催される受賞者交流会に招待されます。

詳細
その他
実施者

独立行政法人 科学技術振興機構(JST)

助成名
戦略的創造研究推進事業(CREST、さきがけ) 
締切

東大ポータル(外部資金公募情報)参照

概要

本事業は、我が国が直面する重要な課題の達成に向けた基礎研究を推進し、社会・経済の変革をもたらす科学技術イノベーションを生み出す、新たな科学知識に基づく革新的技術のシーズを創出することを目的としています。

東大ポータル通知 2017年度(学内専用)

詳細
その他
実施者

津田塾大学

助成名
津田梅子賞
締切

2017年7月14日(金)(必着)

概要

津田塾大学では2010年に創立110周年を記念し本賞を創設しました。津田梅子のパイオニア精神にちなみ、女性の未来を拓く可能性への挑戦を顕彰することを目的とします。


詳細
その他
実施者

内藤記念科学振興財団

助成名
女性研究者研究助成金
締切

東大ポータル(外部資金公募情報)参照

概要

 人類の健康の増進に寄与する自然科学の基礎的研究を行う女性研究者に対して、出産・育児によって研究が中断した際の研究現場への復帰と研究業績を挙げることを支援する目的で、研究に必要な経費を補助しています。
 なお、全学センター、機構等(大学院・学部・研究所以外の大学組織)に所属する研究者からの応募は総長推薦となりますので、候補者がある場合は下記の期限までに、申請書をとりまとめ担当宛に送付してください。申請数が推薦枠を超えた場合は学内選考を行います。また、昨年度より医学部附属病院所属の研究者による申請は、医学系研究科長による推薦が必要となっておりますので、ご留意ください。

東大ポータル通知 2017年度(学内専用)

詳細
その他
実施者

財団法人 井上科学振興財団

助成名
井上リサーチアウォード
締切

2017年7月31日(月)

概要

自然科学の基礎的研究で優れた業績を挙げ、更に開拓的発展を目指す若手研究者の独創性と自立を支援することを目的とし、これまでの成果を踏まえ、単独で又は共同研究者の協力を得て行う将来性豊かな研究計画を対象として助成する。

東大ポータル通知 2017年度(学内専用)

詳細
その他
井上学術賞、井上研究奨励賞、久保亮五記念賞、国際研究集会出席旅費の援助等
【理学部ニュース】川口由紀さんの井上リサーチアウォード受賞を祝して
実施者

財団法人 住友財団

助成名
基礎科学研究助成
締切

データ送信の締切:2017年6月8日(木)必着

概要

科学の進歩は社会の発展に大きな貢献を果たしてきました。 科学は人類社会の未来を拓くことにつながるものです。
この助成は、重要でありながら研究資金が不十分とされている基礎科学研究、とりわけ新しい発想が期待される若手研究者による萌芽的な研究に対する支援を行うものです。

東大ポータル通知 2017年度(学内専用)

詳細
その他
実施者

財団法人 住友財団

助成名
環境研究助成
締切

データ送信の締切:2017年6月8日(木)必着

概要

現在、人類が直面している大きな問題の一つに環境問題があります。
地球温暖化、オゾン層破壊、酸性雨、生物種の減少、食料と人口、砂漠化、公害等様々な問題があり、その原因の探究と解決策の模索が続けられています。
この助成は、環境問題の解決のためには、多面的アプローチによる分析と様々な対応策の構築が必要と考え、そのためのいろいろな観点(人文科学・社会科学・自然科学)からの研究に対する支援を行うものです。

東大ポータル通知 2017年度(学内専用)

詳細
その他
実施者

日本化学会

助成名
女性化学者奨励賞
締切

2017年7月26日(水)

概要

化学の専門性を活かした学術研究に傑出した業績と貢献がある者で、社会貢献にも努め、国内外での研究活動・交流を通して我が国の女性化学者の地位向上に寄与し、将来の科学者・技術者を目指す学生や若手研究者の目標となる本会女性の会員を対象とし、年齢が受賞の年(平成30年)の4月1日現在において満40歳に達していない者。なお、既に他の賞を受賞した者も授賞対象とする。

詳細
その他
実施者

日本女性技術者フォーラム(JWEF)

助成名
JWEF女性技術者に贈る奨励賞
締切

2017年8月10日(木)

概要

日本女性技術者フォーラム(JWEF)は、女性技術者の活躍が社会発展に寄与することを奨励するため「JWEF女性技術者に贈る奨励賞」を設置しました。職場においてリーダーシップを発揮し活躍している若手女性技術者をロールモデルとして表彰しています。

詳細
その他
実施者

日本学術振興会(JSPS)

助成名
科学研究費補助金 特別研究員-RPD
締切

各部局により異なりますので、所属部局の担当者にお問い合わせください。

概要

日本学術振興会では、我が国の学術研究の将来を担う創造性に富んだ研究者の養成・確保を図るため特別研究員制度を実施しています。
この特別研究員制度の一環として、子育て支援や学術研究分野における男女共同参画の観点から、優れた若手研究者が、出産・育児による研究中断後に円滑に研究現場に復帰できるように支援する「特別研究員-RPD」事業を平成18年度に創設しました。

詳細
その他
特別研究員(PD, DC2, DC1)、若手研究(スタートアップ)等
実施者

昭和女子大学女性文化研究賞選考委員会

助成名
昭和女子大学女性文化研究賞(坂東眞理子基金)
締切

2017年1月31日

概要

男女共同参画社会形成の推進と女性文化研究の発展に寄与する研究を対象とし、男女を問わず趣旨にあった著作(単行本)に対し、賞金を授与します。


東大ポータル通知 2016年度(学内専用)

詳細
その他
実施者

日本学術振興会(JSPS)

助成名
最先端・次世代研究開発支援プログラム
締切


概要

最先端・次世代研究開発支援プログラムは、将来、世界をリードする ことが期待される潜在的可能性を持った研究者に対する研究支援制度であり、新たな科学・技術を創造す る基礎研究から出口を見据えた研究開発まで、「新成長戦略(基本方針)」(2009年12月30日閣議決定)に おいて掲げられた政策的・社会的意義が特に高い先端的研究開発を支援することにより、中長期的な我が 国の科学・技術の発展を図るとともに、我が国の持続的な成長と政策的・社会的課題の解決に貢献することを目的としています。

詳細
その他

このページの先頭へ