HOME > 資料室 > 子育て・両立支援情報 > 子どもを預けて仕事を再開する

子どもを預けて仕事を再開する

 

 出産後の休業から復職するためには、まず安心して子どもを預けられる保育者か保育施設を探すことが必要です。また、子育て支援のための学内制度をうまく活用する工夫も必要です。ここでは、主な学内制度と保育施設に関する情報を提供しています。

 

勤務時間に関する制度

 

勤務時間の短縮

 小学校第3学年を終了する年の3月末までの子を養育している教職員は、1日につき3時間45分の範囲内で始業時及び終業時に15 分単位で勤務時間を短縮することができます。「育児のための所定外勤務の制限等申請書(学内専用)」に必要事項を記入の上、必要に応じて添付書類とともに各部局事務担当窓口に提出してください。

 

始業及び終業時刻の変更

 小学校3学年を終了する3月末までの子を養育している教職員は、1日の所定労働時間を変更することなく、始業及び終業時刻を定められた時刻に変更できます。「育児のための所定外勤務の制限等申請書(学内専用)」に必要事項を記入の上、必要に応じて添付書類とともに各部局事務担当窓口に提出してください。

 

育児時間の取得

 1歳未満の子を養育する期間、授乳等のために30分以内の育児時間を1日2回まで取得することが出来ます。特別休暇として取り扱いますので、休暇簿(特別休暇用)に記入の上、部局事務担当窓口に申し出てください。就労管理システムの対象者はシステムから申請を行ってください。

 

子の看護休暇

 小学校3学年を終了する3月末までの子を養育している教職員が子どもを看護する場合には1年間に5日間まで(対象の子が2人以上いる場合は10日間)、特別休暇を1日または1時間単位で取得できます。休暇簿(特別休暇用)に記入の上、必要に応じて添付書類とともに各部局事務担当窓口に提出してください。就労管理システムの対象者はシステムから申請を行ってください。

 また、子の負傷・疾病に限らず、健康診断や予防接種を受けさせる場合も利用できるようになりました。

 

保育所の種類

認可保育所

 施設の広さや設備、保育者の人員や資格、保育内容について、国の基準を満たして認可された保育所です。保育料金は、世帯の所得や子どもの年齢・人数に応じて、各自治体で決定しています。


 公立の認可保育所は、市区町村の直営です。保育士は公務員で、保育所を超えての人事異動があるため、同じ自治体内では保育所による保育の違いが比較的少ないとされています。近年では、運営が民間の事業者に委託されている公設民営の保育所もあります。入所案内や申請は各自治体の担当窓口になります。通常4月入所の申請は、前年度の12月頃から始まります。入園選考は、各自治体がそれぞれに設けており、保護者の勤務日・勤務時間、業務形態等により条件を点数化しています。年度途中の入所は定員に空きがあれば可能です。自分が居住する自治体ではない保育所を希望する場合でも、居住する自治体への申請が必要のことがあります。申請に必要な書類(源泉徴収証明書、就労証明書等)もありますので、自分の居住する役所の保育担当窓口に早めに相談しましょう。
私立(民間)の保育所では、保育所の方針によって保育内容が少しずつ異なります。産休明け保育や長時間保育、一時保育等を取り入れている保育所もあります。多くが非営利の社会福祉法人の設立で、ほかに宗教法人やNPO法人、株式会社による設立の保育所等があります。

※東京大学のキャンパス内では、「たんぽぽ保育園」がこれにあたります。

文京区の保育所

 

認可外保育施設

 認可保育所以外の保育施設。様々な形態があり、保育料も施設ごとに異なります。

 

◆認証保育所

 東京都が独自に定めた保育所です。認可保育所よりも保育時間が長く、0歳時から受け入れるなど利用者のニーズに応えた都市型の保育サービスを特徴としています。東京都が定めた一定の基準を満たし、運営補助金や監査を受けています。保育料金は、施設によってさまざまです。入所希望は、保育所に直接申し込みます。

※東京大学のキャンパス内では、「東大駒場地区保育所」がこれにあたります。

 

◆事業所内保育所

 会社や病院が従業員のために設けている保育施設です。保育運営管理にかかる費用は、設置事業所が一部を負担していることが大半です。多くは小規模で、その事業所の勤務時間などニーズに合わせて保育しています。大学が教職員や学生のために独自に設置する保育所もここに含まれます。

※東京大学のキャンパス内では、「東大本郷けやき保育園」「東大駒場むくのき保育園」「東大柏どんぐり保育園」「東大白金ひまわり保育園」「東大病院いちょう保育園」がこれにあたります。

 

 

◆その他

 ベビールーム、ベビーホテルなど、名称はさまざまですが、公的な助成を受けていない保育施設をさします。

 

保育所以外の保育方法

 

認定こども園

 幼稚園、保育所を合わせた制度として、平成18年度にスタートしました。認可の有無によって、幼保連携型、幼稚園型、保育所型、自治体裁量型の4種類があります。種類によって、午後の保育内容や母親の就労への理解が異なるので、確認が必要です。

東京都の認定こども園

 

保育ママ

 東京や近郊の自治体では、特に0~3歳未満の乳幼児を対象に、保育士又は看護師の資格者が自宅で数名(3名まで)を預かって保育する制度を設けています。詳細については、居住する自治体の保育担当にご相談下さい。

 

ベビーシッター

 ベビーシッター派遣会社に申し込むと、シッターが依頼者の家庭に派遣され、保育をしてくれます。料金は各派遣会社で異なりますが、1時間単位で設定され必要な時間数だけ申し込めるところが多くなっています。保育所の送迎、早朝や深夜の保育など、各家庭の都合に応じた利用ができます。

ベビーシッター利用育児支援

このページの先頭へ