HOME > ニュース > くるみんマーク

くるみんマーク

 

「くるみんマーク」の使用について

認定マーク「くるみん」

 

 東京大学では、2003年7月に制定された「次世代育成支援対策推進法」に基づき、次世代支援対策行動計画を策定し、仕事と育児の両立を支援してまいりました。「第2期東京大学次世代育成支援対策行動計画」(2007年4月~2009年5月)に定めた目標を達成したことから、東京労働局に認定申請を行い、2009年6月に「基準適合一般事業主」として認定されました。

 これにより、本学で作成する印刷物(名刺含む)等に、認定マーク「くるみん」を使用することができるようになりました。

 

 

次世代認定マークを使用できるものについて

 次世代育成支援対策推進法第13条に基づく認定を受けた事業主は、次に掲げるものに次世代認定マークを使用することができます。

(1) 商品又は役務

(2) 商品、役務または一般事業主の広告

(3) 商品又は役務の取引に用いる書類又は通信

(4) 一般事業主の営業所、事業所その他事業場

(5) インターネットを利用した方法により公衆の閲覧に供する情報

(6) 労働者の募集の用に供する広告又は文書

※くるみんマークを使用する場合(名刺を除く)は男女共同参画にお問い合わせください。

 

 

【関連ニュース】

 東京大学が次世代育成支援対策推進法に基づく「基準適合一般事業主」として認定されました [09/7/16]

  東京大学は仕事と子育ての両立を積極的に支援する「基準適合一般事業主」(子育てサポート企業)に認定され、次世代認定マーク「くるみん」を取得しました。  [16/8/22]  

 

このページの先頭へ