HOME > 活動内容 > 進学促進 > 女子高校生のための東大説明会2007

女子高校生のための東大説明会2007

 

 東京大学男女共同参画室進学促進部会では、2007年12月2日に「女子高校生のための東京大学説明会」を開催しました。

  本学理系及び文系の卒業生を代表して、村尾美緒本学大学院理学系研究科准教授と大里真理子(株)アークコミュニケーションズ代表取締役による基調講演、さらには女子現役東大生によるパネルディスカッションを行いました。

 

対象

東京大学で学びたい女子高校生等およびその保護者の方

 

日時

2007年12月2日(日) 11:00~16:40

 

会場

学術総合センター 2階 一ツ橋記念講堂 他

 

プログラム
会場 一ツ橋記念講堂 2階ロビー
12:00~

東京大学音楽部管弦楽団による演奏会

11:00~

16:40

個別相談会

※東大教職員、卒業生、現役学生(東大ガイダンス、東大新聞、UT-Life)等による進学相談

  総合司会:医科学研究所准教授 関野 祐子

12:30~

オープニング挨拶:

 理事・副学長 高橋 宏志 (大学院法学政治学研究科教授)

 男女共同参画室長 村嶋 幸代 (大学院医学系研究科教授)

12:40~

基調講演1:

「量子もつれと量子情報処理-東大の女性教員が語る研究最前線- 」

 東京大学大学院理学系研究科准教授 村尾 美緒

13:15~

基調講演2:

「自分の可能性を広げる-選択と集中を考えるにはまだ早い!- 」

 (株)アークコミュニケーションズ代表取締役 大里 真理子

  (理科Ⅱ類入学、1986年文学部英米文学科卒業)

 大学卒業後のキャリアやライフスタイルを見据え、無限の可能性を秘めた欲張りなあなたのために、大学時代に何を学び何を経験するのがよいのか、先輩の知恵を紹介します。
13:50~

教養教育: 

「学部1・2年次の教育について」
大学院総合文化研究科准教授 中尾 まさみ

 東京大学では、入学後の2年間を、文科生・理科生にかかわらず、幅広い教養を身につけ、のちの専門研究の基礎となる学問的スキルを磨く時期と位置づけています。駒場(教養学部)におけるユニークな教養教育、語学教育、情報教育などについてお話しします。

14:25~

入試説明: 「東京大学入学試験と進学振分け」

 教育・学生支援系副統括長 渡邉 省三

 東京大学のアドミッションポリシーや具体的な入学者選抜方法、受験の際の心構え等を説明し、更に、入学後の学習や2年生から3年生になる時の「進学振分け」についても説明します 。
15:10~

パネルディスカッション 「東大女子ライフって??」

 司会: NHKアナウンサー 島津 有理子

     (東大理科2類入学、1997年経済学部卒)
  パネリスト:現役学生、教員

16:00~

エンディング挨拶:

 男女共同参画室進学促進部会長 大島 まり

 (大学院情報学環教授)

16:05~

現役学生、教員、卒業生等との交流会

※相談コーナー、他各ブースの様子※

このページの先頭へ