Skip navigation.

HOME > 活動内容 > 「女性研究者支援モデル育成」事業 > オフィスの本棚 > 女子東大生の歩み > 資料1:日本の女子高等教育の歴史

旧ページです。情報が古い可能性がありますのでご注意ください。

女子東大生の歩み

資料1:日本の女子高等教育の歴史

 

 1871(明治4)年の冬、欧米視察の岩倉具視大使一行とともに、留学生58人が横浜港を出発した。この留学生58人のなかに、将来の女子教育にそなえて、当時7歳に満たなかった津田梅子ら女性5名がふくまれていた。男子留学生の場合はできるだけ迅速に必要な専門知識や技術を吸収させ、帰国後にそれを活用するのが目的であったが、女子の場合は、7歳から14歳の少女に対し、気長に10年間の西洋流の教育を受けさせようとした一種の培養実験であった。この国策としての留学を決めた北海道開拓次官であった黒田清隆がヨ-ロッパ各国を回った際に、アメリカの女性の地位が高く、環境に恵まれていたことに深く心を打たれたからというのが定説になっているようだ。しかし、最年長の14歳の2人は健康上の理由で翌年帰国している。10年経った1881(明治14)年、永井繁子が帰国し、翌年の1882年に津田梅子と山川捨松が帰国した。留学の成果はというと、永井繁子と山川捨松の場合はさっさと結婚をして家庭に入ってしまった。津田梅子は日本語を忘れ、また、日本の現実社会に適応するものが何もなく、女子留学生の帰国を待ち受ける国家的仕事は何も用意されていなかった。梅子は伊藤博文の娘の英語の家庭教師をしていたが、再度アメリカに留学し、本格的に女子教育に身を捧げようと決心する。梅子はプリンマ-大学で生物学を修め、専門誌に連名で論文も発表している。しかし、生物学者としての道に進まず、遅れた日本の女子教育のために尽くすことを決意し、日本にもどり、女子英学塾(現津田塾大学)を開いた。もし、梅子が生物学者として日本で活動する場があったら、その後の日本女性科学者に少なからず影響をおよぼしたかも知れない。

 明治維新後、日本は西洋の科学技術の移植を目指して、国家をあげて科学者・技術者の養成を行ってきたが、その中心となったのは1877(明治10)年に創立された東京大学を筆頭とする7つの帝国大学であった。1876(明治19)年に公布された帝国大学令には女子の入学を禁じているわけではなかったが、入学資格が高等学校卒業生に限られていたため、現実には女子に入学する道はなかった。

 女子の高等教育の始まりは、1872(明治5)年学制が発布されてからである。この年に東京神田に官立東京女学校が生まれ、一般教養に重点を置いたわが国の女子教育が始まった。しかし、この学校は1877(明治10)年には閉鎖されてしまう。一方、学制は1879(明治12)年には教育令に変わり、これ以降男女別学を原則とする教育体制が作られていく。

 東京女学校に続く公の女子教育機関として、1874(明治7)年に東京女子師範学校が設立された。この学校は1885(明治18)年に東京師範学校に吸収され、その女子部となる。さらに、翌年公布された師範学校令に基づき、東京師範が高等師範となったのにともない、女子部も高等師範女子部となる。また、各県には女子師範学校あるいは師範学校女子部が徐々に整備された。そして、1890(明治23)年には東京高等師範から女子部が分離独立し、東京女子高等師範学校(東京女高師、現お茶の水女子大学)となったのである。次いで、1908(明治41)年には奈良にも女子高等師範学校(現奈良女子大学)が置かれた。2つの女高師は戦後の新制大学発足まで、女子の最高教育期間としてその役割を果たした。

 東京女高師では創立7年後には、文科と理科に分けて教育を始め、さらに、1905(明治38)年からは4年間の普通科の上に2年間の研究科(文科、理科、家事科)が設けられ、より専門性の高い教育を目指した制度改革がなされるが、研究科の定員は1名にすぎなかった。しかも、女高師の目的は女子教員の養成にあったので、卒業生には教職につく義務が課せられており、女性科学者として独自に研究するには並々ならぬ努力を要した。

 このような官立学校のほかに、明治30年代に入ると、私立の女子教育機関が芽生えてくる。1900(明治33)年には、吉岡彌生の東京女医学校(現東京女子医大)、津田梅子の女子英学塾(現津田塾大学)が誕生し、翌年には日本女子大学校が創立された。1918(大正7)年には安井てつにより東京女子大学が創立されている。

 大正時代に入ると、教育界も一変していった。「女人禁制」であった旧帝国大学であったが、1913(大正2)年東北帝国大学理科大学開学にあたって、女子の入学が初めて認められた。東北帝国大学では入学資格を高等師範卒業生や中等教員免許資格合格者などに広げ、女子入学の禁止条項がないことから女子にも入学を許可することになったのである。この動きを推進したのは初代学長澤柳政太郎や数学の林鶴一教授、化学の真島利行教授らで、ヨ-ロッパ遊学中各地ですでに女子学生の存在が当然であることを知っていた人たちであった。そして、5人の女性が受験し、東京女高師の牧田らく(数学科)と黒田チカ(化学科)、日本女子大学の丹下ウメ(化学科)の3人が合格した。黒田チカは『婦人之友』で入学当時を、「新聞は日本ではじめての女子大学生を冷やかし半分に書く、町へ出ると人々の視線を浴びるという、今から思えばなかなか女性の立場の認められていない時代でしたが私どもは意気込みに溢れておりました・・・・・」と回想している。

 また、植物学者で日本で最初の女性博士である保井コノは、博士号を取得した際に、婦人雑誌『主婦の友』のインタビュ-に応じて、「私は幸いに、何者にも煩わされず、自分の好きな道をコツコツ歩いてまいりましただけでございまして、名を求めず、地位も希わず、ただ自分の仕事が残ってゆけば、それだけで、自分は十分満足してゆけると信じております」と語っている。この当時の女性科学者の置かれた状況についての情報が、『婦人之友』や『主婦の友』等の女性雑誌の中で得られるという寂しい実態がある。

 その他にも大正から明治時代になって活躍した女性科学者はかなりいる。初めての女医第一号の萩野吟子、女性初の農学博士の辻村みちよ、女性で初めて物理学を専攻した原子核物理学者の湯浅年子等々である。その他、日本人と結婚したアメリカ人の海洋生物学者団ジ-ンがいた。

 戦後の1948(昭和23)年、新学制による学制改革により、女子も希望する大学へ入学可能となった。また、農林省林業試験所、水産研究所などの行政官庁その他の研究所にも女子が迎えられた。戦時中に急に設置された専門学校理科のなかには、津田塾専門学校のように新設された物理・化学科、数学科のうち、新制大学移行の際に物理・化学科が廃止されたものもある。あるいは、都立女子専門学校が都立大学と合併されたように、他校と併合され、共学になったところもある。また、帝国女子医専・薬専・理専は女子教育の場として独特の理想をもって出発したが、新学制にあたり東邦大学と改称され、共学となった。

 

ページの先頭へ

管理・運営:東京大学男女共同参画オフィス

(c)東京大学