Skip navigation.

HOME > 活動内容 > 「女性研究者支援モデル育成」事業 > オフィスの本棚 > 女子東大生の歩み > 初めての東大女子入学生は19名

旧ページです。情報が古い可能性がありますのでご注意ください。

女子東大生の歩み

初めての東大女子入学生は19名

 

 1946年2月1日の「女子教育刷新要綱」により女子にも東大の門が開かれ、最初の女子受験生は108名と多くの女性がチャレンジしました。108名の内訳は、東京女子大学25名、津田塾専門学校12名、帝国女子理学専門学校12名、東京女子師範学校11名、日本女子大学卒といった学歴をすでに持っていた人々が多かったようです。すでに職業についていたものあるいは結婚生活に入って子供のいる人も混じっていて、現代の社会人入学の趣があります。

 しかし、合格者は19名。全入学者898名の内の2.1%という少数派の出発をしました。入学式は5月1日。この日の女子学生の様子を「帝国大学新聞」が次のように報じています。「・・・・・背水の陣の他帝大からの転入者、軍学校出身者、初めて帝大に入学を許される女子を含めて専門学校出身者とおよそ帝大始まって以来の雑多な群が講堂につめかける。・・・・遠い彼岸のやうに思っていた帝大入学という夢が急に現実に眼の前につきつめられたものめづらしさと真剣さ、別世界に入った一種の憧憬が喜びをおさへた緊張の雰囲気をかもし出す女子新入生は流石に面映ゆさうに一箇所にかたまる。・・・・・」。

 この中に、すでにピアニストとして活躍し、東大卒業後国会図書館に勤務された藤田晴子さんがいました(写真1参照)。


(写真1)

 そして、1949(昭和24)年、女子学生17名(文学部9名、法学部3名、経済学部3名、理学部1名、農学部1名)が卒業しました。

 

ページの先頭へ

管理・運営:東京大学男女共同参画オフィス

(c)東京大学