Skip navigation.

HOME > 活動内容 > 「女性研究者支援モデル育成」事業 > オフィスの本棚 > 女子東大生の歩み > 1946年以前に東京大学で研究を続けた女性科学者たち

旧ページです。情報が古い可能性がありますのでご注意ください。

女子東大生の歩み

女子東大生が誕生する以前に東京大学で研究を続けた女性科学者たち

 

 女子が学生として入学を許可される前にも東京大学で研究を行っていた女性研究者はいました。

 

保井コノ

 1927(昭和2)年にわが国初の女性博士となった保井コノは、留学先の米国で学位論文となった研究テ-マを携え、帰国後は東京女子高等師範学校(現お茶の水女子大学)教授として勤めながら、東京帝国大学植物学教室の嘱託として研究を続けました。

 

鈴木ひでる

 日本女子大学卒業後、化学担当の助手として大学に残り、学生の実験指導や大学の雑務をこなしながら独学で薬剤師試験に合格しました。さらに東大医学部薬学科の専科生として近藤平三郎教授の指導を受ける機会を得ました。東大薬化学教室では男性でも音を上げるような仕事も黙々とこなしたということです。化粧気のない顔、木綿の着物に無造作な髪の彼女についた渾名が「石炭女史」でした。専科生の期間を終えたあとも目白の女子大と東大とを往復しながら研究を続け女性で初の薬学博士となりました。

 

辻村みちよ

 初の農学博士となった辻村みちよは東京女子高等師範学校を卒業後7年間教職についたあと、長年の夢であった研究者への道に入りました。まず、北海道大学農学部農芸化学科の無給副手、東大医学部医化学教室を経て、理研研究生として鈴木梅太郎博士のもとで緑茶の成分の化学的研究を行い、のちにお茶の水女子大学教授となりました。

 

ページの先頭へ

管理・運営:東京大学男女共同参画オフィス

(c)東京大学