Skip navigation.

HOME > 活動内容 > 「女性研究者支援モデル育成」事業 > オフィスの本棚 > 女子東大生の歩み > 東京大学に初めて女子が入学した年は1946年

旧ページです。情報が古い可能性がありますのでご注意ください。

女子東大生の歩み

東京大学に初めて女子が入学した年は1946 (昭和21)年

 

 東京大学に初めて女子学生が入学したのは1946(昭和21)年のことです。
ちなみに東京大学は1877(明治10)年に創立され、2007年は創立130周年にあたります。しかし、東大での女性の歴史は60年ほどで半分にも満たないのです。

 

女性が正式に入学できた6つの国立大学(女子が入学を許可された年)

東北帝大 (1913-大正2年)
九州帝大 (1925-大正14年)
東京文理大 (1929-昭和4年)
広島文理大 (1929-昭和4年)
北海道帝大 (1935-昭和10年)
大阪帝大 (1935-昭和10年)

 6つの大学に比べ、東京大学の女子入学がとても遅れていることがわかります。

 

ページの先頭へ

管理・運営:東京大学男女共同参画オフィス

(c)東京大学